もひおのぷらん 

モヒオノプラン

プチプラでイケてるおっさんになりたい♪ブログ

花と花瓶で仲直りは高コスパ!喧嘩したらバラがプレゼントにおすすめな理由を書いてみた

f:id:mohio:20171016083004j:plain

「ヤベーまだ怒っているよ」「謝らないとな~」 

些細なことでちょっとした喧嘩をした時、みなさんはどう対応してます?

 

モヒオは、気が弱いのか・・・とにかく重い空気が苦手なので、まずは通常運転に戻って貰うのをトッププライオリティーに考えてしまう。

 

「でも・・・なかなか謝れない・・・」

 

これは今は始まったことで無く、18歳の夏に出来た初彼女のゆうこちゃんの時からそうであった。

そんな時には、10数人の歴代の彼女や2回の結婚を経た今でも通用する【素直に謝れない時にパートナーと仲直りする効果的な方法】がある。

 

今回はそれを書きたいと思う。

 

タイトル的にはこんな感じ。

 

【花をプレゼントすれば、たいてい仲直り出来る】

 

「モヒオよ、そんなことは百も承知だぞ」と思った男子達もきっと居るだろう。

しかし!だな、ただ単に花をプレゼントすりゃいいってもんでは無いとモヒオは考える。 

なので、とりあえず少しの時間お付き合いして欲しい。そして誰か1人でもお役に立てたら幸いである。

 

 

 花をプレゼントするメリット

モヒオが考えるメリットは3+2

 

1、花が嫌いな女子は居ない。

データを根拠に語ろうと思ったが、その必要はないか!

なぜなら常識と言うか、定説と言うか、固定観念と言うか・・・とにかく!【花が嫌いな女子はいない】そんなもんだと思う。花より物だ!はスルーする(笑)

 

参考記事

女性の8割超、花をもらうと「相手を好きになる」「見直す」「嬉しい」|「マイナビウーマン」

 

男子的にはあれこれ悩まず【困った時は花】で大ハズレは回避出来るはずだ、こんな便利なアイテムはない。

ただ1つ、花は好きだけど、花粉が苦手な人もいる。そこだけは注意したい。(自分のパートナーが該当するか事前に知っておきたい)

 

2、花屋はどこでもある。

駅ビル・ショッピングモールやスーパーそして商店街と、幸いにも花屋はどこにでもある。

要するに帰宅前に最寄駅で買う。買い物のついでに買う。とお店を探し回る必要がない。とても楽だ!

 

3、花にはブランドイメージが定着していない。

例えば、ケーキをプレゼントする場合、きっと女子のほうが美味しいケーキ屋さん情報は知っているはず。

なので、そんなお店で買えればベストだが、正直わざわざ買いに行くのは面倒。

駅ビルのコージーコーナーで買ってみました、では喜ばれ度が落ちる気がする。

 

その点、花は○○の花屋のが綺麗!!とか、店舗や花自体のブランドイメージが定着していない気がするし、そこまで精通している女子も少ないと感じる。

 

 

ここまでのまとめ

我々男子にとって花はどこでも気軽に買えて、かつ大ハズレしないアイテムである。

そこを踏まえての↓↓↓↓↓

 

 

プラス2-1、サプライズを起こし易い。

冠婚葬祭・イベントを除いた普通の日に、パートナーや狙っている女子に花をプレゼントした経験のある男子は少ないはず。なぜなら日本にそんな文化は無いからだ。

裏を返すと【花をプレゼントされた経験のある女子】も少ないとなる。

 

経験が少ない⇒予想し難い⇒えっお花!⇒サプライズ⇒お花好き⇒嬉しい・ありがとう⇒仲直り の公式が成り立つ。

 

プラス2-2、単価が安い。

ここは後述するので、さらっと書くが、例えば薔薇の場合は1輪200~700円。

鉢植えも小さめであればワンコインで綺麗で可愛い花が買えてしまう。

 

参考記事

www.link-fl.co.jp

 

ではケーキの場合はどうだろう、1ピース300~600円位としても、さすがに1ピースだけ買うとはいかない。

せめて2ピースだろうし子供が居たらプラス子供分と、それなりにの金額となってしまう。

 

その点、花は1輪でも様になってしまう。コストパフォーマンスの高さも魅力的だ。

 

ここまで読んで「OK!OK!モヒオよ、じゃおれ花買ってくるわ」と思った男子達よ、まだ早いのだ。焦るな(笑)

 

実はここからが大切なので、もう少しだけお付き合いして欲しい。4649

 

 花選びのコツ

花なら何でも良いわけじゃない。

プレゼントされる女子の気持ち・事情を想像する必要がある。ここを外すと意味が薄れてしまう。

裏を返すと、ここを当てるとプレゼントした意味・気持ちを倍増して受け取って貰えるはずだ。

 

3+1でまとめてみた。

 

1、プレゼントした後の事情を想像する。

貰った女子は普通枯れるまで部屋に飾るはず、そして部屋のインテリアやコンセプトに拘る女子も多いはず。

もしプレゼントしたのが花束だったら、どうだろう!?

もし部屋にマッチしなかったら・・・ストレスに感じる女子もいるだろうし、そもそもボリュームがあるから邪魔と感じる女子もいるだろう。

それに枯れた後の処理も面倒。花束喜ぶは都市伝説と思ったほうが良い。

 

では、もし鉢植えだったら、どうだろう!?

部屋に土物を置きたくない・水やりが面倒と思うかもしれない。

逆にガーデニング女子にはウケる可能性があるとも言えるが。

 

最後に花1輪のみだったら、どうだろう!?

ボリュームは無い、たいていの部屋にはマッチする。

水やり不要、枯れた後の処理も簡単。

男子的は安く買えるうえに1輪の花に想い託すほうがシンプルで伝わりやすい。

なんてコスパ高なんだ(笑)

 

 

2、花言葉は無視しよう。

きっと男子のほうがロマンティストだと思う。せっかく買うのだからプレゼントする意味にマッチする花言葉を持つ花を選ぼうとするはず。でもね、花言葉って面倒なのよ。

 

参考記事

tanpure.com

 

それはなぜか?

1、1品種1花言葉でない。

2、メジャーな花の花言葉には「愛」「感謝」を持つ品種は多い。

3、マッチする意味を持つ品種がマイナーの可能性もあり、最寄りの花屋で売っていない場合もある。

 

だから面倒なんで!!!!!無視してOKっす。

例えば、マイナー品種をプレゼントしたとする。パートナーがその品種を知らなかったらどうする?

「この花は○○で花言葉は○○でさ」とこっちから告げるのも何か変だしキモいよ(笑)

 

それにモヒオの経験上、女子は意外と花言葉には興味ないみたい!リアリストなんだろうね。

花を渡す時に「ゴメン」のたった一言を添えれば、もう充分に想いは伝わるよ。絶対に・・・(おれはロマンティストだな~)

 

 

3、花瓶も一緒にプレゼントしよう。

ここ超大事、最重要事項です。せっかくの花を生ける器まで気が回るか否かが、真価の分かれ目!花瓶とセットでやっと【ザ・お花】【This is a flower】と女子は考えます。

 

彼女は花瓶を持ってますか?夫婦の場合、家に花瓶ありますか?

「花瓶がなくても、なんとでもなるじゃん」と男子は思いがち。そもそも花瓶の有無まで気が回る男子は少ないイメージがある。現にモヒオがそうであったし・・・

 

だからこそ!!!!!花瓶まで用意出来る男子はスーパーポイントアップするでっせ。

 

ここで耳寄りな情報のお知らせ。

花瓶は100均でイケるのが多数売っています。↓↓↓↓↓近所のセリアで撮影。悪くないでしょ!これで充分だよ、ただしラベル剥がして100均で買ったのは内緒にしとこう。

 

f:id:mohio:20171016034959j:plain

 

ここまでのまとめ

1輪でOK、かつ花言葉も無視でOK、でも花瓶は100均で買っとけ。

 

そして、そこを踏まえての

 

プラス1 ベタだけど薔薇をプレゼントしよう。

それはなぜか?

1、どの花屋でも買える

最寄りの花屋でも通年確実に売っている品種である⇒探す手間が不要・気軽に買える。

 

2、カラーバリエーションが豊富

正直、薔薇はベタだとは思う・・・でも色の豊富さは捨てがたい。

赤は避けて別の色にするのがお勧め。ドライフラワーにもし易い品種なので、方法も覚えておくとイイかもしれない。

赤はイベントの日まで温存しておこう。

ちなみに、時期が合えばチューリップもお勧め。

 

参考記事

kinarino.jp

 

総まとめ

・花を嫌いな女子はないので、変に悩む必要性がない。

・サプライズを起こし易いアイテム

・1輪なら面倒・手間にならない。かつコスパ高い。

・薔薇なら買うのが楽。カラバリも豊富。

 ・花瓶も一緒に買いましょう。

 

最後にモヒオから二言

男が花を買う恥ずかしさや勇気もプレゼントになっているよ。

婚活男子は花は止めとけ!リスキーだ。ソースはおれ(笑)婚活中に3回、花プレゼントしたが、即効フェードアウトされた(><)きっと重かったんだろね・・・ 

 

 

皆さまに幸あれ(^^)